NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

NOSAIとは

農業は 緑 土 水 を守り豊かな食料を提供する産業ですわたくしたちNOSAIはみずからの知と技を磨き信頼の絆によって損害の防止と補てんに努め日本農業の発展とうるおいのある社会づくりに貢献します

NOSAI制度の特色

農業は、自然条件に最も左右されやすい産業です。「保険」の仕組みにより、災害で大きな打撃を受けた被災農家の損害を補てんし、農業経営の安定と農業生産力の発展に資することが基本的役割です。
本制度は、農家があらかじめ掛金を出し合って共同準備財産を造成し、被害発生時にはその共同準備財産から共済金を支払うという農家の自主的な相互救済を基本としています。
このようなことから次のような特色を持っています。

1.法律(農業災害補償法:昭和22年制定)により事業実施が義務付けられています。

自然災害は、広範囲に不可抗力で発生するため、国の農業政策の一つとして、全国で実施されています。

2.共済掛金に大幅な国の負担があります。

自然災害を対象とする本制度の被害率は、一般の損害保険における被害率に比べ極めて高く掛金も高くなることから、掛金の約50%を国が負担し、より多くの農家の加入を得て危険分散しております。

3.事業実施運営費にも国の補助があります。

事務処理が迅速・適正に実施されるように事務費を国が負担しています。また、事業における剰余金は事務費に使用できないように会計を分離しています。

4.損害防止事業を実施しています。

被災農家の損害補てんという基本的役割以外に、損害を事前防止するための事業を行なっています。

NOSAIのしくみ

広範囲な大災害に備えて県段階の組合、政府の2段階で危険分散を図っています。

掛金一部負担

ページトップ