家畜共済

家畜共済

加入できるのは

乳牛、肉牛、豚を飼養する農家です。

加入の仕方は

対象家畜のすべてを一体として引受する「包括引受」となります。
家畜ごとの包括共済ですので、責任期間中に新たな家畜が導入された場合、その家畜も自動的に加入となります。

対象家畜 家畜種類 加入資格は
乳牛の雌等 乳用成牛 生後6ヶ月からの育成乳牛及び成乳牛
乳用子牛等 授精後240日以上の胎児から生後6ヶ月未満の子牛
肉用牛等 肥育用成牛 生後6ヶ月からの肥育用の牛
肥育用子牛 生後6ヶ月未満の肥育用の子牛
その他肉用成牛 生後6ヶ月からの繁殖用の牛
その他肉用子牛等 授精後240日以上の胎児から生後6ヶ月未満の子牛
種豚 生後6ヶ月以上の種豚(雄・雌)
肉豚 生後20日から8ヶ月までの肉豚

※種雄牛についは、1頭ごとの「個別引受」による引受となります。

対象となる災害(事故)は

死亡、廃用となった場合の損害や病気、ケガでの診療費が対象です。

責任(補償)期間は

掛金が納入された日の翌日から1年間です。

共済金額(補償額)は

共済金額 = 対象家畜の種類ごとの評価額の合計 × 補償割合

 ※評価額とは、1頭ごとの加入時点での時価額です。
 ※補償割合は、3割(肉豚4割)~8割で農家選択となります。

掛金は

掛金 = 共済金額 × 掛金率 - 国の負担額

国の負担割合は、牛が50%、豚は40%となってます。
共済金額の国庫負担限度額があります。
掛金率は、畜種や地域・個人によって異なる場合があります。

共済金の支払いは

対象となる災害(事故)が発生したとき、事故の形態により下表のとおり算出します。

家畜が死亡したとき 共済金 = 事故家畜の評価額 × 事故時点での補償割合
家畜が廃用となったとき (事故家畜の評価額 - 残存物等の価額) × 補償割合 ・・・A
事故家畜の評価額 - (残存物等の価額 + 補償金等)  ・・・B
共済金は、AとBの少ない額となります。
病気・ケガとなったとき 初診料を除いた診療費は、限度額まで給付します。

footer