NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

TOPICS

建物共済の約款が改正されました

2020-08-11

 建物共済の仕組み改善および令和2年4月の民法改正へ対応するため、建物共済の約款が改正されました。主な変更点は以下のとおりです。


 1.失火見舞費用共済金の補償拡充
   失火見舞費用共済金の1被災世帯当たりの支払額が20万円から50万円へ引き上げされました。(ただし、
  1回の事故につき、共済金額の20%に相当する額が限度です。)


 2.水道管凍結修理費用共済金の新設
   水ぬれを生じていない水道管の凍結損害に対し、その修理費用を実費で補償します。(ただし、1事故当
  たり10万円が限度です。)


 3.消滅時効の起算点を明確化
   改正民法166条に対応するため、消滅時効の起算点を明確化(加入者が共済金の支払請求手続を行使する
  ことができる時から3年間行使しない場合)しました。


 以下のリンクから約款をダウンロードできます。


建物共済約款(PDF:520MB)

ページトップ