NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

TOPICS

農作物共済損害防止事業について

2019-04-05

農作物共済損害防止事業

 

 NOSAIでは、共済事故発生の未然防止及び事故の拡大防止等に努めるため、平成31年産水稲共済加入者または加入資格者であって収入保険に移行した方に対して損害防止事業を下記の3事業において実施します。

1.農作物共済一般損害防止事業(予算:(ア)(イ)各100万円以内)
 ア 目 的
   農作物(水稲)の病虫害に対する的確な損害防止の指導及び実施に努めることを目的とする。
 イ 実施方法
   (ア) 水稲に深刻な影響を及ぼす害虫(スクミリンゴガイ)の薬剤による共同防除への助成
   (イ) 共同防除による斑点米カメムシ等の防除用薬剤に対する助成
2.農作物共済鳥獣害低減対策事業(予算:800万円以内)
 ア 目 的
   有害鳥獣による農作物に対する被害が深刻化していることを踏まえ、有害鳥獣防除等に対する支援を行い、水稲における鳥獣害低減を図ることを目的とする。
 イ 実施方法
   (ア) 電柵等による鳥獣害対策及び集落等鳥獣害対策への助成
   (イ) 檻罠等の購入に対する助成
   (ウ) 有害鳥獣防除等に関する情報提供
3.狩猟(わな猟)免許取得促進対策事業(予算:65万円以内)
 ア 目 的
  有害鳥獣駆除者の確保及び地域における有害鳥獣駆除の強化を図り、当該鳥獣による農作物(水稲)の被害を防止することを目的とする。
 イ 実施方法
  初心者狩猟免許取得予備講習会における受講料の助成

 ※1及び2(各2万円を限度)、3において、予算を超えての申請があった場合には按分します。
 (例えば、1(イ)(2万円を限度)の助成において100万円の予算で、1,000名の申請があった場合、1 名の助成額は1,000円となります。)
 ※令和4年産水稲での農作物共済一筆方式廃止に伴い、農作物共済損害防止事業についても令和3年産を最後に廃止します。

 申請につきましては、各支所にお願いします。

(注)なお、損害防止事業については、通常総代会(令和元年6月5日開催予定)承認後で、申請期限は9月30日までとなります。

ページトップ