NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

農業共済新聞

加工品作りに力【ネットワーク東海6月2週号】

2019-06-13

加工場の前でみどりさん


 津市美杉町は美しく豊かな自然環境に恵まれ、「森林セラピーロード」にも指定されている。
 雄岳と雌岳が仲良く並ぶ楯状火山の大洞山の麓で、浅尾みどりさん(60)は、獣害に強いヨモギやミョウガ、マコモタケなどを栽培している。耕作放棄地や休耕田を活用し、農薬や化学肥料は使わない。

ヨモギの入浴剤と柿ジャム


 夫の和司さん(63)と共に林業と稲作をしながら、女性起業家としても事業に取り組むみどりさん。9年ほど前から、収穫したヨモギなどをお茶や入浴剤に加工し、インターネットで販売している。ヨモギが売れることを知ったことがきっかけだ。
 みどりさんが住む太郎生地区では、美しい空気と水で育ったヨモギが多く採れる。これを使いやすいよう加工し、販売してみようと考えた。和司さんは商品ラベル作りなどの事務で協力し、近所の2人をパートで雇っている。

 津市の沿岸部で生まれ育ったみどりさんは、「山の自然に囲まれた生活がとても好きです。」と笑顔で話している。

ページトップ