NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

農業共済新聞

毎年課題を持ってまい進【ネットワーク東海3月2週号】

2018-03-14



菰野町杉谷でシクラメン約2万鉢、ポリアンサス1万5千鉢を栽培する増田康典さん(41)、美咲さん(32)夫妻を訪ねました。

Q 就農したきっかけは?
康典さん 大学に進み法律家を目指したのですが、花が好きだったので父の後継をしようと就農しました。両立はできないと思ったからです。

Q 栽培する花の魅力は?
康典さん 手を掛けただけ変化が現れるので、作っていて楽しい。毎年、より一層価値がある物を作りたい気持ちになります。

Q 栽培の工夫、心がけは?
康典さん 亡き父の栽培技術を基に、土の分析や肥料設計など毎年課題を作って努力しています。

Q 結婚はいつ?決め手は?
康典さん 一昨年5月です。居心地の良さを感じました。
美咲さん 豊富な話題に心が動き、この人の支えになりたいと思ったからです。 

 
 Q お互いに一言
康典さん 片道60キロの通勤にも関わらず、休日は家業を手伝い、本当によくやってくれてありがとう。
美咲さん 誇りを持って仕事をする姿を尊敬しています。

  • 新聞購読のご案内
  • 広報紙
  • 住まいる建物共済掛金シミュレーション
  • のうきくん農機具共済掛金シミュレーション
  • 経営所得安定対策
  • 収入保険制度の導入及び農業災害補償制度の見直しについて
  • 収入保険シミュレーション

ページトップ