NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

農業共済新聞

昔ながらのおいしさ提供 【ネットワーク東海2月1週号】

2016-02-03

 松阪市岡山町にある農業屋ファーム株式会社(上村光矢代表=52歳)では、2007年の会社設立より、自社栽培したもち米(8㌶作付)を加工し、杵つき餅として販売している。

自社工房で加工する

 もち米100%で作られた餅は、米の甘みが強く、昔ながらの伸びの良い食感が味わえる餅として、県内外の客から人気がある。味は白、やじろ、よもぎ、玄米、古代米(赤米・黒米)で、中でも玄米餅は栄養価が高く、健康志向の方におすすめ。玄米、古代米ともに自社栽培で、よもぎは飯高産のものを使用。味付けは塩のみで、安心して食べられる商品の生産を目指している。

「近年は米離れが深刻だが、自然の米の良さを知ってもらい、子供たちにも米を食べてほしい。餅の生産を米の消費拡大につなげていきたい」と上村さんは語る。

 杵つき餅は6個入が280円、10個入が400円。農家の産直市場みのり(松阪インター店他4店)、ベルファーム、インターネット通販の楽天市場と自社ホームページにて販売している。

種類豊富な杵つき餅

ページトップ