NOSAI三重は「信頼のきずな」で農家・地域の未来を支える活動をしています。

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

農業共済新聞

質を高める経営へ 【ネットワーク東海4月2週号】

2014-04-09

鈴鹿市追分で乳用牛120頭を飼養している渡邉友裕さん(34)、看護師をしている綾さん(34)夫妻を訪ねました。 

鈴鹿市 渡邉友裕さん、綾さん

Q 畜産業を始めたきっかけは?
友裕さん もともと祖父がはじめ、両親から引き継ぐ形で共にしています。 

Q 仕事の魅力は?
友裕さん 自営のため自分が頑張った分だけ結果が直にみえてくる点です。 

Q 仕事で大変なことは?
友裕さん 動物相手なので、休みをとるのが難しく、牛の健康管理にも気を使うことです。
綾さん 生活パターンが違うため、土日なども夫と予定を合わすことがなかなかできないとこです。 

Q 今後の目標は?
友裕さん 規模を追うよりも質を高めていくような経営を行っていきたいです。 

Q 仕事以外の楽しみは?
綾さん 二人ともスノーボードが趣味のため、時間を作って家族で滑りに行きたいと思っています。 

Q お互いに一言
友裕さん 休みがなかなかとれなくてごめんなさい。
綾さん すべてに感謝。これからも仲の良い友達みたいな関係をつづけていきましょう。

ページトップ