県内1組合化

県内1組合化について

現在、三重県の農業共済事業は、7組合等と連合会により運営しています。
(詳細はこちら→県内のNOSAI
                 

今まで以上の安心をお届けするとともに、新たな農業情勢に対応するため、三重県農業共済組合設立準備委員会を設置し、平成29年4月1日に向けて、県内1組合化について協議を行ってきました。

平成28年7月7日には、農業共済団体に係る組織整備予備契約調印式を開催し、三重県農林水産部長の立会いのもと、桑員農業共済組合、三泗鈴亀農業共済事務組合、津市、松阪飯多農業共済事務組合、伊勢地域農業共済事務組合、伊賀市・名張市広域行政事務組合、東紀州農業共済事務組合及び三重県農業共済組合連合会の代表者が、組織整備予備契約書に署名を行いました。

組織整備予備契約書PDF

今後については三泗鈴亀農業共済事務組合、松阪飯多農業共済事務組合、伊勢地域農業共済事務組合、東紀州農業共済事務組合は解散し、県内で農業共済事業を実施する市町は農業共済事業の廃止を行います。これらの地域に桑員農業共済組合が、区域拡大するとともに、名称変更し、県内全域を対象とした新組合が平成29年4月1日に発足する予定です。平成29年5月1日には、連合会の権利・義務を承継し、特定組合となる予定です。


右から三重県農林水産部長、三泗鈴亀農業共済事務組合管理者、津市長、東紀州農業共済事務組合管理者及び三重県農業共済組合連合会長、桑員農業共済組合長、松阪飯多農業共済事務組合管理者、伊勢地域農業共済事務組合管理者、伊賀市・名張市広域行政事務組合管理者



                         関係市町代表者


                       組織整備予備契約書


1組合化チラシ(下記からダウンロードできます)

1組合化チラシ                    任意共済1組合化チラシ

 

footer